<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アジア大会

11月25日
 明日よりアジア大会に行ってきます。ATHERのお客様には本当に御迷惑をおかけし申し訳ありません。一生懸命頑張ってサポ−トしてきますので、どうかよろしくお願い致します。
 (kaz_ather)
[PR]
by kaz_ather | 2006-11-25 22:42 | kaz_ather

一歩、一歩

11月23日
 
 新しいことにチャレンジすることはとても勇気のいることです。怖いし、わからないことが多いし、何より失敗を恐れてしまいます。実力を持っていても、それを発揮する勇気がなければ求めているものを獲得することは出来ないでしょう。 
 今日は、ある選手がその一歩を踏み出すことが出来ました。きっと怖かったのでしょう。素晴らしい力を持っていても、負け続けることでそれを発揮することが出来なくなっていた選手でした。勝ち負けは結果であり、その過程が大事! いつも私が言うことです。でも結果を求めて鋳る分けですから、それは慰めでしかないのかもしれません。勝負は厳しいですね。
大きな夢を持つこと、諦めない心、そして勝ち取るんだという強い心、勝ち負けはその結果として出てくることです。私の出来ることは、その努力を信じることです。(kaz_ather)
[PR]
by kaz_ather | 2006-11-24 00:06 | kaz_ather

心の捻挫

11月17日
 長年、選手と一緒にいるといろいろなことに出くわします。試合、練習だけでなく生活、もっと大きくなると人生、中にはすごい話し!(想像におまかせします)があります。その中に“心”の問題があります。特に試合で負けるとその心の部分は大きく出てきます(勝っても問題を抱える選手もいますよ)。競技を行っているのは誰もが“勝ちたい!”と思う気持ちを持っているからです。それが無ければ競技じゃなくてレクレ−ションでもいいでしょう。しかし“勝ちたい!”と思い続けることは大変なことです。とても苦しいことです。時に逃避したくなることもあるでしょう。でも逃げないのは“どうしても勝ちたい!”と思う強い気持ちがあるからでしょう。“勝つためには自分の力を120%出すこと!”なんて壮行会で聞きましたけど、口で言うほど簡単に試合で全力を出しきることは難しいことですね。息子の学芸発表会に行った時、6年生は素晴らしい演奏をしました。本当に素晴らしく自分の子供ではないですが感動で涙が出そうになりました。凄いなあ!六年生にもなるとこんな凄いことも出来るんだなあ!そう思いました。そして最後に六年生の代表が自分の120%の力を出して頑張ったと言っていました。自分の持っている限りの力は100%だと思うのですが彼は120%を出したと言いました。凄いことです。100%どころか50%も出しきれない選手がいるのに彼は120%を出したと言いました。もちろん言葉のアヤで彼は言い、そんなことは思っていないかもしれません。今、子供の自殺が増えています。毎日のように亡くなっています。二人の子供の親として子供を守らないといけない、強く育てないといけないと心から思います。120%の力、もし50%すら出せることが出来なかったと思う子がいたら120%は諦めの極地でしょう。大人が120%の力を出せ!簡単に言うけど、それは逆にもしかすると子供に諦めろと聞こえているのかもしれません。
「そんな力ないんだから自分の精一杯をやってごらん、精一杯の50%を出そうね。もし出せたら次は精一杯の60%を出そうね。」そんな親で、そんなトレ−ナ−でありたいと思います。勝った、負けたが全てではありません。その過程を大切に過ごさねばならないのです。今、自分の思うように出来ない人、みんな、きっと出来るよ!自分を信じてごらん!(kaz_ather)
[PR]
by kaz_ather | 2006-11-17 21:33 | kaz_ather

サンガリアジュニアチ−ム

11月13日
 先週土曜日にサンガリアモ−グルジュニアチ−ムがATHERに来ました。2カ月ぶりに会った子供達は少しだけ大きくなり、また逞しく見えました。たった半日の体力測定ですが、小雨の振る中、皆一生懸命にやりましたよ。測定結果は内緒ですが悪くはありません。これからシ−ズンインします。皆!精一杯頑張れ!(kaz_ather)
[PR]
by kaz_ather | 2006-11-14 00:57 | kaz_ather

負けない心

11月4日
 バドミントン日本リ−グ、広島ガス第2戦、vs三洋電機 0−3 2敗目を喫しました。
三洋電機は知る人ぞ知る強豪です。日本代表を4人も抱えたス−パ−チ−ムです。その三洋電機相手に選手は出来ることをしっかりやったと思います。負けはしましたが、次の戦いの課題も見つけましたし、また選手一人一人の心の強さ弱さも出ました。まだまだ続くリ−グ戦、監督と一緒に建て直していきたいと思います。
 試合に勝敗はつきものです。良い時も悪い時もあり、その中で選手は自分自身を律して戦わねばなりません。諦めた瞬間から負け始めますし、勝ちを意識した瞬間から攻めれなくなります。“負けない心”私も一緒に必要なものと思います。(kaz_ather)
[PR]
by kaz_ather | 2006-11-04 22:20 | kaz_ather

ジュニア

11月2日
 ATHERに来るジュニア選手達は皆元気です。サッカ−、卓球、野球、バレ−ボ−ル、モ−グル、ゴルフ、バスケットボ−ルと多岐に渡り、私達は競技特性だけでなく、その子の10年後の姿を想像しつつ、プログラムを作っています。動作の習得度、筋力、柔軟性、持久力、とどれをとっても大きく伸びていないように思いがちですが、ある日突然びっくりすることが起きます。そしてそこからはもの凄い勢いで成長を始めます。また身体もさることながら心も成長をしていきます。話しをすると面白いですよ。彼らなりに感じることがありますし、また私が考える以上のことを考えていたりします。
今、日本のスポ−ツ界ではこのジュニアの育成にかなり力を入れてきています。特に福岡ではエリ−ト教育が始まっており、どういうことにこれからなっていくのか注目しています。こういったことが来年度は岡山でも行うようです。さあ、10年後日本のスポ−ツ界はどうなっているのでしょうね。ATHERからもオリンピック選手が出ているかも知れませんよ。請う御期待!(kaz_ather)
[PR]
by kaz_ather | 2006-11-03 01:01 | kaz_ather