<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

8月26日
 今日は朝からテ−ピング、そしてストレッチングに始まり、最後はゴルフジュニア選手のコンディショニングと昼ご飯も食べる間無く、動いていました。朝晩が少し気温が下がり、運動も少しはやりやすくなったのではないでしょうか。秋が少しずつ近づいてきているんですね。
 ところで今年はやけに雷が多かったですね。先々週はATHERは停電になり、ク−ラ−ももちろん蛍光灯もつかずで、皆さん屋外でバ−ベルやダンベル、そしてバランスボ−ルのたぐいも出して外行く人達にデモンストレ−ションして頂きました(笑)。皆様、御協力ありがとうございました。その雷ですが、本当に凄かった! 稲光はもちろん、音の凄さ、自然は凄いですね。
雷といえばカミナリ親父なんて昔ありましたね。今は死語になってしまっていますが、そういう人は怖い半面、優しかったのではないかと思います。最近では大人が子供を怒る際に、手加減どころか、殺人にまで至ってしまってしまうこともあり、恐ろしい事件が続いていますね。
カミナリ親父か〜、ちょっと僕にはなれそうにないかなあ。(kaz_ather)
[PR]
by kaz_ather | 2006-08-26 16:53 | kaz_ather

旧ユ−ゴスラビア

8月19日
 昨日から始まった世界バスケ! 大勢の方が応援に行かれているようです。私はこれまでバスケットボ−ルは神辺旭高校女子チ−ムをサポ−トしたことはありますが、レベルの高いチ−ムはありませんので非常に興味があります。バスケットに限ったことではないのですが特に旧ユ−ゴスラビア(現クロアチア、セルビア=モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア)は多くの優秀な選手を輩出し、また優秀なコ−チも輩出しています。その内の一人がサッカ−日本代表監督のイビチャ・オシム氏(ボスニア・ヘルツェゴビナ)であり、またバスケットのジェリコ・パブリセヴィッチ氏(クロアチア)、そして我が卓球チ−ムのマリオ・アメジィッチ氏(クロアチア)です。なぜこのような素晴らしい監督が出てきているのか、非常に興味があります。またスポ−ツ自体も人口は少ないのにバスケットボ−ル、サッカ−、バレ−ボ−ル、卓球など国際的にも強い国です。国が崩壊して分裂し、大変な時代を過ごしたとオシム氏の本にはありました。私も1999年にオランダのアイントホ−ヘンで行われた世界選手権の事前合宿(ベルギ−)でボスニア出身の姉妹卓球選手にお世話になりました。彼女達の苦労をある人から聞きましたが、それは信じがたい内容でした。世界が平和であること、大事なことですね。
ところでそのバスケ、さあ日本はどうでしょうね。みんなで応援しましょう!(kaz_ather)
[PR]
by kaz_ather | 2006-08-20 22:37 | kaz_ather

熱中症

8月11日
 毎日暑いですね。この時期、最も恐れなければならないのが熱中症ですが、こうしなければいけないとわかっていてもやはりすでに数名亡くなられています。先日も自宅の中で御夫婦とも熱中症になり、奥様がお亡くなりになられ、御主人は何とか無事だったという話しを聞きました。御自宅で冷房が嫌いでかけなかったらしいのですが、それにしても水分を摂取したり、何とか出来なかったのかと思ってしまいます。大学生達もこの暑い中、練習開始時間を午前11時にしていたりで、もう少し前後の時間にしていかないとこの暑さでは熱中症にならない方がおかしいのかもしれません。皆さん、十分お気をつけ下さい。
 そこでもう一度熱中症予防に行う必要があること、御確認下さい。
1,まめな水分摂取
2,手足や顔に水をかけて体温上昇を防ぐこと
3,汗が蒸発しやすい服装にすること
4,睡眠不足の状態で運動しないこと
5,朝食を摂らないで運動しないこと
6,飲酒翌日はしっかり水分を摂ってから徐々に運動をすること(競技選手にお酒は必要なし!)
7,練習時間を涼しい時間にすること
8,お互いが声をかけあって反応のおかしい者を出来るだけ速く見つけること

(kaz_ather)
[PR]
by kaz_ather | 2006-08-11 13:18 | kaz_ather

東海大学、国際武道大学、早稲田大学、広島大学

8月6日
 今日は原爆記念日ですね。広島、そして長崎では特別な意味を持つ日です。きな臭い世界の情勢が毎日報道されていますが、どうか平和であって欲しいと思います。
1996年に行われたアトランタ五輪でとある国の選手と知り合いました。その選手は戦争が行われていた地区に住んでいたとのことで銃を持って戦った経験もあるとのことでした。そして未だ心の傷は消えず、夜になると耳を塞ぎたくなるような恐ろしい歌を歌うときがあるとのことです。五輪は平和の証です。世界中の人達がこの五輪を楽しみに、そして自国の選手達の活躍を応援して盛り上がります。いつまでも本当に平和であって欲しいと思います。
 ところで金、土曜日と神奈川県にある東海大学に行ってきました。ここで国際武道大学の集中講義があるからです。学生達総勢70名くらいでしょうか。将来のスポ−ツ界の活躍を信じ、毎日勉強をしている学生達です。講師がまた凄い人達ばかりで(私がなぜここにいるのかが不思議ではありますが)、まず国際武道大学のアスレチックトレ−ナ−学科教授で日本のアスレチックトレ−ナ−の草分け的存在の山本利春先生、そして若き日本のストレングストレ−ニングコ−チの代表である体育学部助教授の有賀誠司先生、またウエイトリフティング界を支える若き研究者の早稲田大学人間科学部助教授の岡田純一先生、最後に私というメンバ−です。さすがに授業は学生達の目が違いましたね。
どうか素晴らしいアスレチックトレ−ナ−、そしてストレングスコ−チになっていただきたいと思います。皆さん、頑張って下さいね。
 ところで東海大学は日本最大級のトレ−ニングセンタ−を持っています。一時に100名は使用出来る施設です。ここで柔道の井上康生選手、そして多くのトップアスリ−トがトレ−ニングをし、また今もそのトレ−ニングは続いているんですよ。学生達はいいですね。私が良く知る博午大学のトレ−ニングル−厶はとても15,000人の学生がいるとは思えないくらいお粗末なものです。それを何とか使い勝手を良くしようと数名の先生方が努力をされていますが、学長は他のことがお忙しいのでしょうね。知識を高める、素晴らしい研究を行うためにはまず体力が無ければ何も出来ないことがわからないのでしょう。米国やヨ−ロッパでは大学内に必ず整ったトレ−ニングセンタ−があり、学生を始め教職員も日々行っています。私が居候をしたスタンフォ−ド大学は凄いですよ。そんな環境が日本にあればもっとスポ−ツ界が変わるでしょうね。
(kaz_ather)
[PR]
by kaz_ather | 2006-08-06 17:35 | kaz_ather