偉関晴光

e0086643_23502515.jpg

e0086643_23502612.jpg

皆さん,このラケット,誰のかわかりますか?このラケットは偉関晴光という元選手のラケットです。偉関さんは1988年ソウル五輪のダブルスチャンピオンです。その時彼は中国代表でした。中国名 韋晴光(ウェイ・チングァン)と言います。卓球が初めて五輪種目になったときのチャンピオンです。中国の学校の教科書にも載っている人ですよ。彼とは1999年より日本代表チームで一緒になり,随分長い間一緒に戦いました。本当に凄い人で,たくさんのことを教えてもらいました。
たまたま仕事で一緒になり,相変わらず切れ味鋭いサーブを見ました!。そして帰り際,「これ,あげるよ。」と一言。「いいの?」「いいよ,スペアラケットだから。でもこれ全日本で優勝したときのラケットだよ。」
本当にそんな大事な物を頂いていいのでしょうか。オーラを感じるラケットです。これでちょっと打ってみようかなと思います。ラケットは一流,腕は三流くらいですけどね。
[PR]
by kaz_ather | 2010-02-08 23:50 | kaz_ather
<< 0.1秒にこだわる! 中学生職業体験実習 >>